へんな旅行記

乗り物オタクが脳内で思ってることを全部垂れ流すブログです。

JL31 羽田→バンコク ビジネスクラス搭乗記 2年半ぶりの出国!

ついに解禁しました!国際線!

2020年3月以来の国際線搭乗です。

 

行先は、バンコク

バンコク

 

2020年2月末のこの時以来の国際線です。

taiwankaeritai.hatenablog.com

 

 

解禁の第一弾は、ビジネスクラス!!

例によって後半は写真マシマシなので、写真だけサクッと見たい人は後半へ飛んでください!

ちなみにこの記事は、文字数9000字あります。

 

 

 

予約

まず、予約ですが、おなじみアラスカ航空マイルです。

 

以前の記事で説明はいろいろしちゃってますので、簡単に。

 

前回のアラスカマイルの搭乗記はこちら!

taiwankaeritai.hatenablog.com

 

 

アラスカ航空では、アジアの都市間のJALビジネスクラスを25000マイルで発券できます。

今回もそれ。

羽田とバンコクの間を25000マイルで。

 

そして、その25000マイルはバイマイルで。

6月にやってたバイマイルセールで、25200マイルを532.13$で購入

 

で、実際にJAL便を予約するときにさらに諸税等がかかり、合計で日本円にして8万円程度の出費です。

 

ということで、8万円でビジネスクラスを買えました。

もちろん、変更返金不可です。コロナ禍では若干の不安があるチケットですが、ビジネスクラス8万円はお得なのでしゃーないです。

 

ということで、タイ行きが確定。

 

JALバンコク

で、JALバンコク線のお話。

 

今は、羽田から2往復、成田から2往復飛んでます。バンコク側は全部スワンナプーム空港です。

で、機材が流動的。どっちの便も、787-9だったり、777-300ERだったりが割と日替わりでランダムで入ります。

777-300ERだったら、ロンドンとかニューヨークに入る機材で最高だったのですが、今回は787-9でした。

しかも、エコノミークラスが多めのハワイ用機材。とはいっても今はハワイには飛ばずにいろんなところにランダムに飛んでますが。ホームページでは、E92って案内されてるやつです。

ということでビジネスクラスが少ないので当日はビジネスクラスは満席でした。羽田便なんだからビジネスクラス増やせばいいのに。

 

で、バンコク行きは、羽田便の場合JL31がお昼、JL33が深夜です。

JL31は、羽田を11時頃に出て、バンコクに16時頃に到着です。非常に動きやすい時間帯です。ということで日本から乗るならこれ一択!しかも羽田だし。

 

JL33は、羽田を深夜1時くらいに出て、バンコクに早朝6時頃に到着です。仕事後とかに乗れる時間帯ですが、さすがにキツい。あと、バンコク着いたら朝イチからの活動も可能ではあります。

ちなみにこの便はコロナ前からずっと、古めの機材が使われる傾向が。ビジネスクラスもフルフラットにならないSkySuiteじゃない機材もちょいちょい入ります。

 

成田便の場合、JL707とJL717。

どちらも成田を夕方18時頃に出て、バンコクに23時頃に到着です。2便まとめてほぼ同じ時間です。北米からの乗り継ぎに適していて、アメリカ→成田→バンコクの乗り継ぎ需要を拾えるらしく、コロナでも2便運航です。

日本から行くなら、現地到着が遅いのがちょいと微妙。同じ値段なら羽田便に乗りたいものですが、たぶんこっちのほうが安いことも多いのでしょうか。

 

で、他にもバンコク便はたくさん飛んでます。

JALはコロナ前はセントレアからも関空からも毎日飛んでました。たしか深夜発朝着です。今は関空が週3くらいで復活してますが、セントレアはまだ。

こちらはSkySuiteじゃない787-8が入ってたはずです。

 

JAL以外の日本バンコク

 

他社だと、ANAもたくさん。

コロナ直前ダイヤを確認すると、成田から787-10で1往復、羽田からは3往復出してたはずです。そんな羽田多かったっけ? いや、2020年の最初までは成田2の羽田2とかだったかな?

今は、羽田2往復と成田1往復になってるはずです。そのほか、成田から貨物便も1往復。

 

とりあえずJALANAだけで毎日7~8往復バンコクに飛んでます。コロナでも。すごい。

 

そして、タイ航空。

コロナ前は羽田2往復、成田3往復、関空1往復?、中部1往復を飛ばしてたはずで、そのほかにも福岡、仙台、札幌も週数便確か飛ばしていた記憶があります。

すごい。

 

特に、羽田は747-400、成田の1往復と関空A380で飛ばしてました。輸送力もハンパない。

こいつらはみんな飛ばなくなっちゃいました。

 

コロナの今は、羽田1往復、成田2往復、関空1往復、セントレア週数便といった感じの運航で、787か350か777で飛んでます。

 

さらにさらに、LCC勢も飛びまくりです。

 

コロナ前は、AirAsiaXが成田と関空から、ノックスクートが成田から飛んでました。

さらに、ピーチが那覇から飛んでました。

 

今は、AirAsiaXが完全復活して成田関空それぞれ1往復飛んでます。ノックスクートは今会社が存続してるのか不明。

それに加えて、コロナ後に参入したZIPAIRが成田から1往復、VietJetAirThaiが福岡から1往復飛ばしてます。ベトジェットはなんとA321。単通路機でバンコクまで飛びます。

 

そしてそして、2022年中にピーチが関空からA321LRでバンコク便を就航させるようです。

 

ということで、全容を見ると、

2022年10月現在毎日運航している定期便だけでも、

成田からは7往復、羽田からは6往復、関空からは2往復がバンコクに飛んでいます。

 

すごー--い。

コロナでもこれだけの需要があるわけです。

 

その中のJALが今回はチョイスされました~

 

そろそろ本題に入らないといけません。

 

羽田空港

 

当日のお話。

2022年10月1日土曜日。

この日からタイの入国が完全にフリーになりました。ワクチンや陰性照明が不要で、完全にパスポートだけで観光入国ができるようになりました~。それを狙ったわけではないですが、たまたまこの日からです。

 

羽田空港発なので、京急で羽田へ。いつもは終点の第一、第二ターミナル駅で降りますが、今日降りるのは第三ターミナル駅です。

 

降りたらエレベーターで3階出発ロビー階へ。

 

だいぶ回復した便数

 

一時期よりはだいぶ人が増えました。なぜかANAカウンターはめちゃくちゃ人が並んでます。

そんな中、私はJALJGCカウンターへ。ビジネスクラス利用だし、サファイアだしなので、使えます。

 

待ち時間ゼロで、バンコク行きのチケットを出してもらいます。荷物もお預け。Priorityタグもつけてもらって完璧。

バンコクは完全に開国してるので、陰性証明とかワクチン接種済み証明の提示もいりません。昔と同じようにパスポートを見せるだけ!

 

JALJGCは一番真ん中のFカウンター

ガラガラ!

 

JGC!!!

 

ANAはなぜか激混み

 

5分もかからず手続き終了。

ATMに行き、両替資金とするための日本円をちょいと引き出してから、いよいよ出国へ。

 

出国からのサクララウンジ

保安検査もほぼ並んでませんでした。5分ほどで通過し、顔認証ゲートで出国です!!!!! 意味もないけど久々の出国で嬉しいのでスタンプももらって、出国完了!!!

 

出国!!!!!

割と人がいる!

ちょうどロンドン行きが出発

フードコートのご様子



で、今回はせっかくなのでANAラウンジにも行ける権利があるので、行ってみます!

ということでまずはANAラウンジへ。

 

けっこう並んでます。人が多い。

ということは、、、、、

混雑のためPriority Passお断りが発動されました。

 

終わり。

 

ANAラウンジ!!!はお断り

 

出発案内

 

ふつうにサクララウンジへ行きます。

この時期空いてるのはサクララウンジスカイビューだけでした。本体は閉まってるみたい。工事か?

 

ラウンジのご案内

 

5階はサクララウンジとデルタラウンジ

デルタラウンジ

 

まぁしゃーないので、スカイビューへ。

で、シャワー使いたいです!って言ったら、まさかのラウンジ外に案内されました。

案内されたのは、サクララウンジの1つ下の階の4階にあるSKY LOUNGE ANNEXのシャワーでした。

SKY LOUNGE ANNEXはカードラウンジなのですが、有料シャワーもあります。

ただ、このANNEXは閉鎖されているみたいで、そこのシャワーだけJALが使っているという感じでした。サクララウンジだと本来は本館にしかシャワーがないんですかね?

本館が閉まっている今はこうするしかなかったのでしょう~

 

なにはともあれ、シャワーが使えたので素晴らしい。

 

閉鎖中のラウンジ

 

ここを抜けてシャワーへ

 

シャワー

 

シャワー

 

羽田の航空会社ラウンジですが、ANAJALサクララウンジ以外には、Delta Sky Clubと、キャセイラウンジがあります。

あとは、特定の航空会社のものではないですが、一部の会社が使ってるTIATラウンジもあります。

 

JALJGCを持っていれば、サクララウンジ以外にキャセイラウンジも入れます!

が、今はキャセイの羽田便が運休なのでやってません...

やってれば、結構おいしいごはんも食べれたのですが...

 

サクララウンジ

で、サクララウンジに戻り、お食事。

今はビュッフェではなくいくつかのメニューから選び、係員が作って渡す方式。

 

おなじみのカレーはしっかり食べられます。

 

モーニングプレートとカレーを食べましたが、モーニングプレート割としっかりしてて良かったです。

 

お食事メニュー

お食事

モーニングプレートと、カレー

 

ドリンクは、ビールのほかにもいろいろ揃ってます。が、乗る前にあんま酒飲まないので、無難にジュースでも飲みながら時間をつぶします。

 

お酒

お酒



 

このラウンジ、目の前に114番スポットがあります。

ガルーダインドネシア航空がよく見えました。

 

ラウンジからの眺め

サクララウンジ内部

サクララウンジ内部

ゲートへ行き、搭乗

 

バンコク行きJL31便は、まさかのサテライト149番搭乗口で、ちょっと歩きます。

ってことで、11:45発ですが、10:45にはラウンジを出て搭乗口へ。

 

コロナ禍の今、使ってるのは本館105番から114番のすべてと、サテライトのうち本館に近い3つの、147番から149番です。

あとはバスゲートも。この日のJAL台北行きはバスゲートでした。

 

サテライトの北側は入国時の手続きとかにでも使ってるんですかね?閉鎖されて行けませんでした。

 

閉鎖中

 

147番からは10:35のバンコク行きタイ航空TG683がちょい遅れて最終の搭乗案内中でした。あちらもタイ、こちらもタイ。

ちなみに本館からもほぼ同じ時間にANAのタイ行きが飛んでます。

 

タイさん

 

おとなり148番は、12:05のパリ行きエールフランスが停まってます。

フランスいいなー--

機材は小型化されて787-9です。

 

お隣おフランス

横からもフランス

 

で、私は149番に到着。

11:15発ですが、割とギリギリな10:59から事前改札が始まりました。

そのあと、11:02から搭乗開始。

まずはGroup1の、ダイヤモンド、プレミア。15人位乗っていきました。さすが羽田便。ビジネス需要か。

で、私はサファイアビジネスクラスのGroup2で搭乗。

よく分かってない人たちが列にたくさん紛れてましたが、みんなしっかり弾かれてました。

 

ご搭乗!

乗る!



 

11:04に機内へ。787-9ですが、一番前のドアは使わず、2番目のドアから搭乗。ビジネスクラスなので、ドアをくぐったら、左へ。

自席4Aに落ち着きます。

 

 

お座席!

自席からの眺め

 

天井

ちなみに、中央の上の荷物スペース、前方だけ形変わってますよね???

おそらくここの裏側にCAの仮眠スペースがあります。

 

真ん中のお座席

外の眺め

 

座席自体はSky Suite ⅲなので、以前に772で乗ったし、国内線クラスJでも乗ったやつです。

ただ、787で乗るのは初めて。

 

座席は一緒ですが、機内エンターテイメントをいじるには手元のコントローラーでやらなきゃいけないらしく、タッチ画面ですべてが完結する772のほうが使いやすい感じがあります。

 

コントローラー

 

で、今回乗るのはJA876J。さっきちょっと言いましたが、ハワイ機材です。

ビジネスは二つ目のドアまで。そのうしろにプレミアムエコノミーがあって、あとは全部エコノミー。これが、E92というやつです。

 

羽田バンコク線はビジネス需要が高いんだから同じ787-9でも、もっとビジネスクラスが多いコンフィグを使えばいいのにー。

例えば、同じビジネス、プレエコ、エコノミーで、座席も同じだけどビジネスの比率を上げたE91という機材もあります。まぁあちらは4機しかいないけど...

そっちを使えばいいのですが、いろいろ運用があるのでしょうねー

あと、ビジネスクラスの座席がもっと良いやつを使ってるE71という機材もあります。こちらは主に北米、欧州用ですが、バンコク便に入る日もあったり。それが来たらあ足りだったんですけどねー

 

それぞれの違いはこちら

www.jal.co.jp

 

出発から機内食まで

 

話は戻して、11:15発のJL31は、11:17にドアが閉まりました。

エコノミーの搭乗率はよくわかりませんが、ビジネスクラスに限れば、満席です。

コロナでもすごいですねー--

 

11:20にプッシュバックをします。お隣にエールフランスを眺めながら。

 

このタイミングで安全ビデオが流れるのですが、なんと、タイ語の字幕付き。さすが。

そして、タイ語でも機内アナウンスがありました!これは毎回あったわけではなく、出発時だけでしたが。

 

タイ語付き

離陸はD滑走路の05なので、国際線の149番って一番遠いです...

 

サテライトの前を通り、国際線の本館の前を通り、34Lの着陸機を待って滑走路をクロスし、南へ向かって、湾岸線を越え、橋を渡って、右に曲がってやっと滑走路に到着です。

 

離陸は11:44でした。離陸してすぐに右旋回をして、タイへ。

 

離陸!

 

11:50にベルト着用サインが消灯します。

何時も乗ってる1時間くらいの国内線とは違い、今日は6時間の国際線です。機内サービスもここからゆっくり進みます。

 

三浦半島伊豆半島を越え、紀伊半島の南へ出て行きます。

ここで、ドリンクのオーダーとか、機内食のオーダーを取られます。が、事前申し込みで和食を選択しておいたので、その確認だけ。

JALアプリから、事前に機内食は予約できます。そうしたら、残り物じゃなくて、確実に食べたいものを頼めます。今回だと洋食か和食。

洋食も捨てがたいですが、和食で頼みました。

 

まず、潮岬の近くまで来た12:30に、最初のドリンクをいただきます。

一杯目はシャンパン!!!

そして、JALのあられミックスもセットで。

 

最初のドリンクとあられ

 

シャンパンとお空

 

和食メニュー!!!

ドリンクリスト①

 

ドリンクリスト②



 

その15分後、機内食の前菜盛り合わせがやってきます。

だいぶしっかりしていて、種類も豊富。

そして、このタイミングでまたドリンクをもらえます。梅酒をチョイス。

 

前菜は本当に全部おいしいです。

 

前菜

 

前菜を食べていると、13:00を回り、飛行機は種子島のちょい東を飛行中。沖縄便とほぼ同じルートです。

ただ、沖縄便だったら種子島を過ぎたらもうそろそろ着陸の準備を始めなきゃいけない頃。

一方こちらは国際線! まだまだ飛びます。

 

13:05にメイン料理がやってきます。

ごはん、味噌汁、鱈、鶏などなど。

美味しい!!!!! やっぱり和食は最高!!!

 

メイン

 

ちなみに洋食ならここでサーロインステーキが登場するようで、周りの人は洋食のほうが多かったように見受けられました。

 

メインを食べ終わると、最後にデザートとドリンクをもらえます。

デザートも和風の甘味。おいしい!!!

ドリンクは温かいお茶。おいしい!!!

 

デザート

 

やっぱりビジネスクラスいいなー--

この座席はクラスJでも乗れるけど、こんなお食事は出てきませんからねー

 

ちなみにこのタイミングで、だいたい奄美から沖縄本島の間らへん。

 

機内食から着陸前までのひととき

 

食べ終わったら、せっかくのフルフラットのビジネスクラス。横になります。

映画とか見ても良かったんですが、2時間も画面見る集中力がこの日はなかったのでパス。

14:00頃になると、宮古島を越えて石垣島に向けて飛行中。日本の果てにやってきました。

ただ、まだまだバンコクまでは半分も行ってません!!!

やっぱ久々の国際線はテンション上がるなー--

 

このへん

 

良いお空

 

横にしたときの様子

 

横にしたときの足元(見えにくい)

横になったときの目線

 

ここからしばらく寝て、15時過ぎにちょい起床。飛行機は台湾を越えて、南シナ海を飛行中。香港便だったらそろそろ降下をはじめる位置です。が、バンコクはまだまだ!!!

 

このへん

 

映画は見ないけど、短めの映像ならあるので、円楽さんのいる笑点だけ見てみました。

 

円楽さん

 

この辺りで、そろそろスマホをタイモードに。

まずはSIMを日本のものからタイのものに入れ替え。

日本のAmazonで700円くらいで買ったAISのSIMです。15GB使えるので、一週間の旅なら余裕でした。

あとは、時差が2時間あるので、時計をタイ時間に変更!!!

時差で時刻変えるのさえ2年半ぶりで、これだけで興奮します。海外旅行最高!

 

日本時間15:30が、タイ時間13:30に変わります。

 

その後、タイ時間13:40頃、放送が。

あと1時間40分で着陸します!とのこと。

ちなみにこのとき、海南島の南を飛行中。まっすぐダナン方面へ向かっている途中です。

 

このへん

 

おトイレアメニティ

 

ここで、せっかくなのでそばですかいを注文。

デブです。

 

そしたら、そばですかいと一緒に到着前のアイスとおいなりさんももらいました。

ドリンクも頼めますが、普通にお茶をチョイス。

 

そばですかいって何???

って感じですが、機内食用に作られたカップそばです。

ほかにも、うどんですかいとちゃんぽんですかいがあります。

 

ビジネスクラスならいつでも頼めます!

 

いつでも頼めるメニュー

そばですかいとデザート

 

そこからさらにのんびりタイム。

 

いよいよバンコク着陸

 

タイ時間14:46になると、また放送が入りました。あと5分で降下を開始し、15分後にはベルトサインを点けるとのことです。

ここまで羽田からちょうど5時間。ついにタイ!!!

 

外を見ると、そこは、タイ!!!

雨季のタイですが、晴れてます。よく見えました。

 

タイ!

 

って思ったらその先にはもくもくの積乱雲。

 

15:03になると、ベルトサインが点きました。

スワンナプーム国際空港に向けて、順調に降下していきます。

 

もうちょい!

 

15:15くらいになったらもう地面がだいぶ見えてきます。

で、15:20くらいにぐるりと空港と真逆の方向へUターン。

そして、積乱雲だらけでまったく地面が見えなくなります。

これがタイの雨季!!!

 

晴れかと思ったらスコールが降る感じです。

 

空港と逆方向に向かって8分くらいずっと飛んで、アユタヤの近くまで離れてしまいました。

そして、積乱雲に突っ込むたびに揺れます。

 

ぐるり

 

もくもく

 

しばらくするとまたUターン。

ここで、機長からの放送が。「空港混雑のため、着陸の許可を待っています」みたいな内容でした。あと10分ほど着陸できないそうです。

 

ぐるりと回って、再び空港に向かって進んでいきます。

15:35にはスワンナプーム空港19Lの着陸コースに乗りました。

 

こんなルート

 

ここから再び降下開始。分厚い積乱雲の下に、曇ったタイの大地が近づいてきます。

15:40に、ついにギアを降ろした音が!もう着陸です。

 

15:41に、空港の北にある高速道路をクロスし、15:43に着陸しました!!!

 

クロス!

 

着陸したらくるっと回ってターミナルへ。

空港の南側には使ってないタイ航空の機材の列が。

 

A380や747などなど。

 

飛ばない飛行機たち

 

ルフトハンザ

 

 

改めて着陸ルートを振り返ると、わりとめちゃくちゃ。

ちなみに羽田を先に出たANAゴーアラウンドしたようです。なんでかわからんけど。

なので、向こうのほうが30分くらい早かったはずなのに到着は5分差とかになってました。

 

ANAさん

 

 

フライトレーダーでも、すごい着陸経路

フライトデータ 6時間飛びました



 

15:50にスポットに到着です!

なんとお隣が羽田からのANAでした。日本感。

 

タイへ入国!

 

15:54くらいに外に出れました。

スワンナプーム空港!

 

そして、気になるのはバンコクの入国です。

10月1日からは何の制限もなくなったとは聞いてますが果たして???

 

まず、JALの機内のビデオ見てたら、入国カードを書かなきゃいけないらしいのですが、見当たりません。

で、みんなそのまま並んでるので入国審査にそのまま並びます。

 

後から調べたら、入国カードは最近廃止されたみたいです。

それならJALも反映してくれないと...

 

入国の列ですが、コロナでもしっかりありました。

コロナ前にバンコク来たことがないので、これが多いのか少ないのかはわかりません。

 

が、15分ちょい並んだら入国できました。

他の国でもよくあるような、指紋撮って顔写真撮って終わりパターンです。

 

もちろん陰性証明やワクチン接種証明はいりません。

 

完全に通常入国です!タイは開国しました!!!

一方で、マスク率は高いです。日本と同じくらい。

欧米から来た人は外してるけど。

 

市内でも、クソ暑いのにみんなタイ人はマスクしてます。さすがにやばいやろ。

 

で、結局、15:54に飛行機から出られて、16:13に入国しました。

そのあと、荷物の受け取りへ。17番で受け取りです。

 

まだまだ荷物は回り始めてません。

結局、18:19からベルトコンベアが回り始めます。

Priorityのタグが付いてるのですぐに出てくるだろう?って思ったのですが、意外に出てきません。上級会員が多すぎてみんなPriorityです...

 

出てきたのは6分後の16:25でした。Priorityで出てこなさ過ぎて、ロスバケか?ってちょっと焦るくらい出てこなかったです。

 

お荷物

 

そのあと、税関をスルーで通過してそのままタイに完全入国です!!!

 

結局、まとめると、

15:40 定刻

15:43 着陸

15:54 降機

16:13 入国

16:19 荷物スタート

16:25 荷物受け取り

16:27 出口!!!!

 

という感じで、まぁ30分ちょいですべて終えて入国できました~

 

そこから地下に降りて、両替を済ませ、エアポートレイルリンクのチケットを購入。

 

タイ!!!

駅!

だいたい10分間隔で走っています。マッカサンとかパヤータイまでは40~50バーツ程度です。

乗る!

列車はすぐに来て、16:42に出発しました!!! そして、バンコクの市内へ向かうのでした!!!!!